ペルソナとは?ビジネスの世界における意味と設定するメリットをわかりやすく解説!

ブログ
スポンサーリンク
keita
keita

こんにちは、大学生ブロガーのkeitaです。

あなたは、ペルソナという言葉を聞いたことはありませんか?

ビジネスの世界ではよく聞く言葉ですよね。

簡潔に結論から言うとペルソナとは「具体的なターゲット」のことです。

これは、ビジネスの世界ではもはや当たり前のことなので、
この簡単な意味だけでも覚えておきましょう。

ということでここからはさらに深く、ビジネスの世界におけるペルソナの持つ意味と作成するメリットについてお話していきます。

この記事でわかる!
  • ペルソナとは?
  • ペルソナを作るメリット
  • ペルソナの作り方
スポンサーリンク

ペルソナとはいわゆるターゲットのこと

ビジネスの世界では常に意識しなければいけないのはお客様のことです。

誰をターゲットにしたビジネスなのか
それをはっきりさせることでやるべきことが決まってくるのです。

例えば大学生相手のビジネスなのに、高いブランドを扱いはしません。
逆に社会人に大学の奨学金の案内の告知なんかしても、絶対に成功しないですよね。

このように「」をターゲットにするかで手段も変わってくるのです。

そこで、まずやることがペルソナの作成なんです。

簡単に言えばペルソナとはターゲットのことです。
しかも、具体性を持ったターゲット像のことです。

先ほどの「大学生」「社会人」などの大まかなくくりではなく

「大学4年生の男性で、居酒屋でアルバイトをしていて、
お金に困っている。趣味はギターとゲームで、
苦手なことはコミュニケーション。さらに…」

とこのように、性別、年齢、業種、生い立ち、趣味、特技、悩みなど
具体的な人物像を作り上げます。

この作り上げた人のことを「ペルソナ」と呼びます。

ペルソナを作ることのメリット

続いてペルソナがどういうものかは理解したけど、
どう役に立つの?ということについて説明していきます。

手段の明確化

まずはじめに先ほどの例のように手段を間違えなくなります。

ターゲットが具体的に決まっているため、
アプローチの仕方が明確に定まりますよね。

ニーズがわかる

また、先ほどの

「大学4年生の男性で、居酒屋でアルバイトをしていて、お金に困っている。
趣味はギターとゲームで、苦手なことはコミュニケーション。」

というペルソナに対して、ニーズがわかりますよね。

稼げるビジネスを知りたい、
ギターやゲームを通したコミュニティでコミュニケーションが取れるようになりたい

など、その人が今、何に困っているのか
何を知りたいのかを考えやすくなります。

軸がブレない

ターゲットを具体的に絞り込むことでそこに焦点を当てることができます。

つまり、他のターゲット層は捨てます。

こうすることで、ビジネスの軸がブレず
ターゲットが広すぎて、誰にもハマらないなんていう状況を回避することができます。

担当者間で具体的に共有できる

複数人でビジネスをする場合、
ターゲットを明確にしていないと、複数の思惑が存在してしまい、
結局誰に向けたビジネスなのかわからなくなります。

このような状況を避けるためにも、
ペルソナを作り上げておけば具体的にターゲット像が共有できるので、
すれ違いが起こらなくなります。

ペルソナの設定の仕方

次にペルソナを設定する際、注意することを書いていきます。

不必要な情報は詰め込まない

最初に注意してほしいのは、情報の詰め込みすぎです。

いくら具体的にといっても、
そんな人存在するのかと思うぐらいの情報量だと
逆にターゲットが極端に少なくなります。

なので、必要最低限の情報を設定しましょう。

先入観や思い込みを反映させない

こちらもよく陥りやすいのですが、
設定したペルソナに対して先入観を持って情報を取ってしまうと
実際のターゲットとズレが生じます。

自分の先入観を捨て、実際にネットやSNSを用いて
リアルな声をリサーチするのが大切です。

実際にターゲット層に近い人にインタビューを行うのも有効的です。

作ったまま放置しない

設定したペルソナを放置してしまうのではなく、
ある程度のスパンでアップデートしていきましょう。

トレンドなどによって、大きく趣向が変わったりするので
目を光らせてリサーチを怠らないようにしましょう。

実際に設定して記事を書いてみよう

さて、ペルソナの設定に関して、理解することはできたでしょうか?

そうしたら、早速練習がてら記事を書いてみましょう。

具体的にペルソナを決めたら、
その人に手紙を書くような感覚で執筆するといいですよ。

ペルソナがなかなか決まらないという人は「少し前の自分」を設定しましょう。

はじめのうちは上手く執筆できないかもしれませんが、
何度もやることでだんだんとコツがつかめてくるはずです。

重要な情報かそうでないかは数をこなさないと見分けるのは難しいです。

実際にやってみることが大切ですね。

おわりに

さて、いかがだったでしょうか。

僕もペルソナという言葉を知った時は、
よく理解できなかったのですがだんだんとわかってきたような気がします。

ビジネスやマーケティングの世界ではもはや常識ですので、知っておいて損はないでしょう。

ということで、今回はペルソナの意味とメリットについてお話ししました。

コメント