【読書レビュー】「人を操る禁断の文章術」で人を動かせる文章を学ぶ

読書
スポンサーリンク

文章のたった1つの目的、それは「今すぐ人を行動させること」

「人を操る禁断の文章術」より

本書に記された文章の本質的な目的です。

文章は日常の中で確実に目にするものです。

もちろん書籍や資料もそうですが、メールやLINEも文章に他なりません。

あなたは文章を書くときどんなことを想像していますか?

「とりあえず伝えたいことだけ書けばいいや」

「提出するだけだから内容はあんまり考えない」

「自分には文章力がないから文章を書くことが面倒」

確かに文章を書くのは面倒でできることなら書きたくない。

そうかもしれません。

しかし、文章の本質は「書く」ことではありません。

あなたも、たった1行で相手の心を動かしてみたくありませんか

keita
keita

こんにちは。

理系大学生ブロガーのkeitaです。

今回はブロガー御用達、DaiGoさんの著書「人を操る禁断の文章術」を読んでみました。

有名なブロガーさんたちは絶対に読む価値があると言っていたので、例にも漏れず僕も読ませていただきました。

そんな「人を操る禁断の文章術」の著者DaiGoさんは、ご存じの通り

メンタリスト

メンタリストっていうのは人の心を読み、操る技術 ”メンタリズム” を駆使する人のことです。

DaiGoさんは今は落ち着きましたが、数年前はテレビにもガンガン出演されて話題になりましたよね。

現在もテレビから動画配信のプラットフォームに移行され、勢いを落とすことなく活動されています。

役立つ心理学によるビジネスの心構えなどわかりやすくてためになるものばかりです。

YouTubeで勉強させてもらってる人も多いのではないでしょうか。

DaiGoさんのYouTubeチャンネルはこちらから

ということで今回は「人を操る禁断の文章術」について書いていきます!

スポンサーリンク

どんな本か?

本書「人を操る禁断の文章術」では、メンタリストのDaiGoさんが文章を読ませて相手を行動に導くための技術がふんだんに盛り込まれています。

どうすれば人は文章を読むのか

どうすれば読み手の心が動くのか

そしてどうやって相手に行動を起こさせるのか

メンタリズムを通してそうした文章の書き方が以下の手順でまとめられています。

ステップ1:「書かない」3原則を唱える

ステップ2:7つのトリガーから1つ選ぶ

ステップ3:5つのテクニックで書く

文章の中で例文などの具体例から、論理的な思考まで詳しく説明されていて本当に参考になります。

文章を書くお仕事の人は必読といっても過言じゃないでしょうか。

こんな人におすすめ
  • 文章を書くのに苦手意識を持っている
  • 人の心に響く文章を書きたい
  • 文章を書く仕事をしている
  • Webライターやブロガー

また、上司に気に入られたい人好きな人に振り向いてもらいたいという人にも読んでもらいたいです。

人を振り向かせる技術がガチでたくさん書いてます。

もしかしたら、自分の書いた1行の文章で人生が変わるかもしれない。

そんな風にまで感じることのできる本でした。

それでは概要はこれぐらいにして、本書の中で気になった部分や大切だと思った部分を感想も併せてご紹介していきます。

一部の内容と感想

文章の目的は「人を行動させる」こと

文章はただ書くのではなく、読んだ相手の心を動かし想像力を使ってもらうために書くのです。

「人を操る禁断の文章術」より

「あなたの思う、世界最高の美女とは?」

本書はこの質問から始まりました。

この質問の意図は人の想像力を湧き立たせるという文章の持つ力を説明することにありました。

世界最高の美女を読み手の頭の中に作れるのは、写真や動画ではなく文章だけなんです。

そしてその想像力を湧き立たせた状態で次の行動へ誘導をすることで、読み手に行動させることができるといった感じです。

読む → 言葉に反応する → 想像する → 行動を起こす

これだけ知っていても日頃の文章にひと工夫できそうですよね。

例えば、旦那さんに買ってきてほしいものがあるときに

帰りにジャガイモ買ってきてもらえる?

よりも

今日はおいしいカレー作ってみようと思うんだけど、どんなカレーがいい?

お願いなんだけどジャガイモ買ってきてもらっていい?

のほうが買って帰ってあげたくなりませんか?

食べたいカレーを想像してしまいますよね。

僕が考えた文章なのでまだまだ下手っぴですが・・・。

まあ完成度は置いといて、こんな感じで日頃の文章にも簡単に応用できそうですよね。

人を動かすのは「感情」

きれいな文章では、人は動かせない。
読み手の感情と想像力を刺激しよう。
人を動かすのは、論理ではなく感情。

「人を操る禁断の文章術」より

きれいな文章というのは国語の教科書に出てくるような、文法や句読点が正しく使われた文章のことです。

でもそれだと表面的な文章になってしまい、相手の心を動かすという意味では決定的な力に欠けています。

自分の感情をどんどん出して話しかけるように書くと、相手の感情を引き出すことができます。

人は ”論理” ではなく “感情” で動く

たしかにそんな場面もある気がします。

今日はなんか料理専門家の○○さんがおススメしてたカレーを作るから、ジャガイモ買ってきて。

よりも

今日はスパイスをきかせたイイ香りで、ゴロッと野菜が入っためちゃくちゃおいしそうなカレーのレシピ見つけたんだ!

帰りにジャガイモ買ってきてくれない?

のほうがおいしいカレーを食べたくなって食欲が湧き、買って帰りたくなりませんか?

(てか、この人めっちゃジャガイモ買ってきてほしいじゃん・・・。)

相手の想像力を湧き立たせて行動させる、これは文章に限らず会話の中でも使えそうですね。

「ホンネ」と「タテマエ」のギャップ

相手のホンネ(理想)とタテマエ(現実)のギャップに、心が揺さぶられるエネルギーが詰まっている。
理想に気づかせて、行動したくなるスイッチを押そう。

「人を操る禁断の文章術」より

誰しもが少なからず使い分けている理想(こうありたい)現実(こうあるべき)という感情を上手く利用するテクニックです。

その時のポイントは人の心にある「建前を認めてほしい」という欲求です。

建前に共感して認めてあげたうえで、本音を引き出しそれも認めて信頼を得るという方法になります。

「こうありたい」と「こうあるべき」のギャップに心を動かすエネルギーが詰まっているんです。

なぜか信頼される人は、本音と建前を上手に使う

これは結構難しそうですよね。

相手の心をしっかりと理解してあげないとできません。

ジャガイモ・・・。

よりも

いつもお仕事頑張ってくれてありがとう。

買い物頼みたいけど疲れてるよね?

今日は私がジャガイモ買ってくるからゆっくり帰ってきてね。

と送られてきたほうが
「いや、帰り道だし買って帰るよ」
となりやすいと思いませんか?

こんなふうに自分の本音に気づいてくれる人は信頼できるし、その人のために行動したいですよね。

でも本心から思ってないことは言ったらだめですよ。

相手にも不思議と伝わるものですから。

まとめ:必読です

紹介した技術は本書のほんの一部に過ぎません。

それだけでも、あんなにジャガイモがたくさん手に入りそうな文章を書けるようになるんです。

これは心理学を使ったメンタリズムです。

ずる賢いと目に映るかもしれませんが、そんな人にこそ読んでいただきたい本になっています。

きっとこれから書く文章も変わってくるはずです。

文章には人を動かす力がある。

これが「人を操る禁断の文章術」を読んで、僕が感じて学んだことです。

気になった方は是非チェックしてみてください。

コメント