アルバイトでミスばかりだった僕が失敗から学んでミスしなくなった話

大学生
スポンサーリンク
keita
keita

こんにちは、大学生ブロガーのkeitaです!
現在居酒屋でアルバイトをしています。

いつもアルバイトやお仕事、おつかれさまです。

はぁ~、またバイトでミスしたよ・・・

今日も失敗、その前も失敗。

失敗続きだと出勤するのも嫌になってきますよね。

どうしたらミスしなくなるんだろう?

ということで今回は仕事の際ミスが多いあなたのために、ミスをしないための意識を紹介します。

僕も現在居酒屋のキッチンでバイトを始めて2年になりますが、はじめの1年間はミスばかりで毎日のように怒られて落ち込んで帰宅していました。

なんでこんなにできないんだろうと悩む日々。

けれど最近はある程度の仕事も任せてもらえるようになり、後輩もできました。

そんな僕がミスを減らせたのは失敗から学んだ4つのことを意識した結果です。

  • メモをとり見返す
  • 人の動きをよく観察する
  • わからないことはとりあえず聞く
  • 怒られても落ち込まない

基本的なことばかりですが、できていない人が多いので詳しく解説していきます。

この記事を読んでもらって意識が変わり、ミスを減らせるようになれば幸いです。

この記事でわかる
  • アルバイトでミスする原因
  • ミスしないために意識すること
  • もしミスしてしまったら・・・。

スポンサーリンク

アルバイトでミスする原因

アルバイト

ミスをしないように対策を考えるのであれば原因の究明は必要です。

ここでは軽く僕がミスしていた原因だと思うものをいくつか挙げてみます。

keita
keita

きっとあなたにも当てはまるはず!

そもそも仕事の内容を理解していない

あなたは仕事の内容をしっかりと理解することができていますか?

仕事にははっきりとした目的があります。

塾講師 → 生徒の成績アップ

居酒屋 → 満足できる料理とサービスの提供

コンビニ → 気持ちのいい接客としっかりとした在庫管理

といったように、あなたの仕事の目的を思い出してみてください。

その目的のために仕事をしているんです。

そして仕事の内容も必ずそこに対して何かしらの関係があるはずです。

ミスをしがちな人は何のためにその作業が必要なのかを理解していないかもしれません。

keita
keita

必要な作業だと理解できれば、丁寧になってミスも減らせます

仕事量に対する計画が甘い

次に僕もやりがちだったんですが、仕事量に対しての計画を立てないことです。

僕の経験ばかりで申し訳ないんですが、居酒屋のバイトには仕込みの作業が毎日あり、量も内容も変わってきます。

さらにお客さんが来店する頻度も違います。

なのでその日のバイトの中でどのタイミングでどの仕事をするのかといったスケジュールを、おおよそでも立てたほうがスムーズに次の作業に進めます。

逆に計画がないと無駄な時間や焦ってしまう時間が生まれます。

そのような時間が気持ちの緩みや焦りを生み、ミスにつながります。

ひとりで頑張りすぎ

ひとりで多くの仕事を引き受けすぎていませんか?

困ったことや手伝ってほしいことがあっても、迷惑をかけてはいけないと思ってひとりで頑張っていませんか?

そうして時間が過ぎていき、焦りがミスの原因になります。

そんな時はもっと人に頼ってもいいんです。

「あれやってもらえますか?」とか「すみません、教えてもらってもいいですか」と声をかけてください。

そのほうが時間も無駄になりませんし、効率も何倍も上がります。

keita
keita

僕ももっとコミュニケーションをとれってよく怒られてました・・・。

ミスをしないために意識すること

ミスをしないために意識すること

僕も実際にやってみて効果があったものを4つほど紹介していきます。

メモをとって見返す

仕事の最中メモは取っていますか?

最近の若者はメモを取らん!!

いや、この場で覚えられますよ

いや、絶対に後で忘れてますから。

仕事が忙しくなってくると情報が大量に入ってきて頭の中は流動的になります。

この時にいらない情報を勝手に脳が捨てていくためすぐ忘れてしまいます。

そのため、大切なことや覚えなければならないときはその場でメモを取るようにしましょう。

メモを取るコツ
  • 要点とキーワードだけを書く
  • 自分が読めればOK
  • 気になるところにはコメントを付け足す
  • できるだけ早く清書する

メモを取って「見える」ようにすることで記憶や認識の強化につながります。

また、それを後から見返すことでさらなる記憶の向上も見込めます。

後から清書としてノートなどにまとめておくのも効果的です。

人の動きを観察する

同じ職場の他の人の動きを注意深く見てみたことはありますか?

この観察にはメリットが2つほどあります。

テクニックを盗む

どの職場にもめったにミスしない人っているじゃないですか。

その人の動きを観察してみてください。

同じ仕事内容でもやり方が違ったり、効率のいいやり方をしていたりいろいろと自分との違いが見えてきます。

そしてその人の真似をしましょう

keita
keita

基本的に真似した方が早く成長できます。

連携が取れる

人が今、何の作業をしているのかを把握しておくことで、準備しておくことや他にやるべきことがわかるようになります。

連携をうまく取れれば1+1=2ではなく何倍も効率が良くなります。

特に忙しい時間帯や限られた場所での作業では、仕事を分担したほうが確実に早く作業を終わらせられます。

わからなければとりあえず聞く

仕事中どうしてもわからないことが出てくるはずです。

あなたは1人で考え込んでいませんか?

その時間がほんとにもったいないです。

わからないことはいくら考えても答えは出ません

素直に先輩や店長などわかる人に聞きましょう。

自分で考えてやった結果が間違えてミスするよりも聞いた方が確実で早いです。

keita
keita

「それぐらい自分で考えろ!」って怒られるかもしれませんが
ミスするよりはマシなのでとりあえず聞こ。

怒られても次に同じ失敗をしなければいいだけ

ミスして怒られてしまったら落ち込みますよね。

なんかもう帰りたくなって、やる気皆無の状態に。。。

でも、そこはグッと顔を上げてアドバイスを受けたと思って平然と仕事をしましょう。

次に同じミスをしなければいいだけです。

そういうのはメモしておきましょう。

落ち込んだ状態で仕事をしてもさらにミスをしてしまって怒られて・・・の悪循環です。

気持ちを切り替えるのが大切です。

ミスしてしまった時の対処法

もしミスしてしまった時のことについて少しお話ししておきます。

失敗した後、何をするかが一番大切です。

真っ先に報告

ミスしてしまったら真っ先に上司に報告しましょう。

怒られるのが嫌で先延ばしにしても、遅くなればなるほど状況は悪化します。

自分だけで何とかしようとしても、さらなるミスで取り返しのつかないことにもなりかねません。

素直に謝る

自分に非があるときは誠意を込めて謝りましょう。

絶対にNGなのは言い訳をすることです。

相手の心象も悪くなり、信頼も失っていきます。

何においてもですが、素直に謝れる人になりましょう。

またミスしないように対策する

世の中、ミスをしない人はいないです。

失敗の少ない人は同じ失敗をしないようにしているからです。

一度失敗したらその原因を考えて対策を打ちましょう

まとめ:ミスしない人はいない

以上が僕がミスを減らすために意識したことです。

どんなに優秀な人でもミスしたことがない人はいません

あなたがどんなにドジっ子でも意識を変えればきっとミスの数は減らせます。

実際僕がやってきた中で一番有効だと感じたのはやはり「メモを取ること」です。

メモを取る習慣を付けましょう。

最後に復習です。

ミスの原因

  • そもそも仕事の内容を理解していない
  • 仕事量に対する計画が甘い
  • ひとりで頑張りすぎ

ミスしないために

  • メモをとって見返す
  • 人の動きを観察する
  • わからなければとりあえず聞く
  • 怒られても次に同じ失敗をしなければいいだけ

ミスした時の対処法

  • 真っ先に報告
  • 素直に謝る
  • またミスしないように対策する

若いうちはミスしてナンボです。

ミスできるのはアルバイトのうちだけですよ。

そこから成長していけるように頑張りましょう!

keita
keita

それでは。

コメント