4D?4DX?新しい映画の「かたち」について映画好きの僕が解説

映画
スポンサーリンク
keita
keita

こんにちは、大学生ブロガーのkeitaです。

最近、映画見ますか?

僕は最近映画にはまってます。
特に見たい映画は映画館で見ることにしてます。

そんな映画館が最近、進化しているみたいです。

「4DX」という技術によってさらに臨場感が増してるらしいです。

今回はそんな「4DX」とその元の「4D」という技術について解説していきます!

この記事でわかる!
  • 4D、4DXという技術
  • 映画の新たなかたち
  • 4DXの感想
スポンサーリンク

4D、4DXとは

はじめに4Dと4DXの概要について説明します。

4D

3Dはご存じの通り空間までの3次元のことです。
3D映画はメガネをかけて飛び出してくるあれですよね。

4Dとなるとさらにそこに新しい要素を追加したものとなります。

つまり、現在の時空間などの3次元の次元定義に関して、
異なる新たな次元定義を追加した技術のことです。

この次元というのにもいろいろとあるみたいで、

空間に関しては
0次元:点、1次元:線、2次元:平面、3次元:空間、4次元:空間以外の新しい要素。

モバイル技術に関しては
1次元:通話、2次元:メール、
3次元:デジタルコンテンツ(画像、映像、動画)、4次元:香り。

などなど難しそうなんでこのへんでやめときます(笑)

そしてこの技術を映画館に導入したものが「4DX」というものなんです。

4DX

4DXとは4D技術を映画館に取り入れたものです。

映画のシーンに合わせて座席が動いたり、
風が吹いたり、煙や香りまで再現されています。

映画を実際に体全体で体感できるといった最新のシアターシステムです。

MX4Dというシステムもあり、これは企業の違いのようで
細かい動きの違いはあるようですが同じような認識でよいかと思います。

新しい映画のかたち

このように、4DXは新しい映画のかたちなんです。

映画の中で主人公が落ちているシーンでは自分も落ちている感覚を、
食事しているシーンではその香りを、

実際に体感できちゃうというマジですごい技術です。

今までの映画はただ座って見るだけです。

しかしこれからは実際に登場人物と同じ体感で
まさに実際に映画の中の雰囲気を味わえるようになります。

まだまだ普及し始めで見られる場所も限られていますが、
それでもどんどんと増えてきています。

家で映画を見るのもいいですが、
これからの時代は映画館に足を運ぶメリットも相当大きくなってきそうですね。

迫力の大画面に加えて、実際に中にいるかのような臨場感を味わえる。
これが新しい映画のかたちです!

実際に見に行った人の感想

次に実際に4DXの映画を見に行った方の感想を見ていきたいと思います。

アクションシーンや戦闘シーンでは振動が効果的に感じられた。

振動が効果的で小さな足音などにも細かく表現されていてすごい

香り」が意外にも印象に残った。

最後のほうには揺れに慣れてしまいました。

という感じでした。

遊園地のアトラクションまではいかないものの、
割と激しく座席が揺れるみたいです。

さらにシーンに合わせて水しぶきや香りも表現されていて
ほんとに映画の中にいるみたいというのもありました。

しかし、ネガティブな意見も見られて、

映画に集中できないとか
料金が割高とか

たしかに不満の声もわかるような気はしますね。

けれど、全体的には1度は体験する価値があるというものでした。
人によって感じ方も違うみたいなので、実際に体験してみるのがいいですね。

おわりに

いかがですか。

ちょっとワクワクしますよね。

今までの映画とは全く異なった見方ですよね。

これからどんどん普及していくと思うので、1度は体験してみましょう。

また、話題になった「天気の子」も4DXでの放映が決まったようですね。

もう1度見に行こうかな。

よければ「天気の子」のレビュー記事もご覧ください。

ということで今回は映画の新しいかたちについての解説でした。

楽しんでいきましょう!

コメント