朝型と夜型はどっちのほうが健康的で集中力が高いのか【人それぞれ】

ライフハック
スポンサーリンク
  • 生活パターンに朝型と夜型があるけどどう違うの?
  • どっちの方が作業しやすくて効率がいいの?

keita
keita

こんにちは、大学生ブロガーのkeitaです。

生活パターンというものを考えたことがあるでしょうか。

いわゆる「朝型」と「夜型」みたいなものです。

一般的に「朝型」の方が健康にもいいし、時間も多く使えていいんじゃないの?という声が大きい気がしますが、果たしてそうなんでしょうか。

気になったので少し調査してみました。

ということで今回の記事は、「朝型」と「夜型」の特徴とどっちの方がいいのかについてまとめてみたいと思います。

結論から言うと「人それぞれ」です。

なんだそれ(呆)。

ですよね、僕もそうでした。

でもそれは「朝型」と「夜型」の生活パターンの違いを見ていけばわかります。

ということで詳しく見ていきましょう。

この記事で分かる
  • 「朝型」と「夜型」の違い
  • それぞれの生活パターンの特徴、メリット、デメリット
  • どっちの方が「いい」のか
スポンサーリンク

生活パターンの違い

生活パターンの違い
keita
keita

そもそも「朝型」と「夜型」と人によって生活パターンが違ってくるのはなんでなんだろう?

ということで、調べてみました。

その結果、 国際的な学術雑誌「Nature Communications」で発表されている論文によると、ヒトの遺伝子によって決定されているそうなんです。

だから「朝が苦手~」とか「夜すぐ眠くなる」というのはその人の特徴ということですね。

厳密にはいわゆる「体内時計」を管理する遺伝子の数に違いがあるそうです。

keita
keita

あまり難しいことはわかりませんが・・・(笑)

でも、なんか世間的には「朝型のほうが健康!」「昼夜逆転は不健康!」みたいな風潮があるじゃないですか。

そのあたりは一体どうなんだろうと思って、それぞれの型の特徴を調べてみました。

朝型の生活パターン

朝型の人の特徴

朝型の人の特徴

朝型の人にはいくつか特徴があります。

  • 朝の目覚めが良い
  • 午前中に集中力が続きやすく生産性が高くなる
  • 幸福感と自己肯定感が高い
  • 余裕がある

といった具合に、「早く寝て早く起きる」が習慣化され、午前中に実力を発揮しやすいです。

次に朝型の生活パターンのメリットとデメリットについてみていきます。

朝型の生活パターンにはメリットが多そうですが、実はデメリットもあります。

朝型のメリット

  • 朝から活発に動けるので必要なタスクをスピーディにこなせる
  • 生活リズムがしっかりしているので、健康良好
  • 質の高い睡眠をとることができる
  • アイデアが浮かびやすい

はじめにメリットですが、やはり朝型の人は午前中に集中力が高くなり必要なタスクをすぐに終わらせられるというメリットがあるようです。

さらに朝型の人は生活のリズムもきっちりしている人が多く、睡眠の質も高い傾向にあります。

そのため,体内時計も狂いにくいので健康な状態を保つことができます。

確かに朝型の人は健康的っていうイメージがありますよね。

朝から優雅に朝食をとって、作業を淡々とこなしているっていう僕の勝手なイメージですが(笑)

朝型のメリット

それに社会は朝からスタートするので、会社に勤務している人なんかは朝型の方が適応しやすそうですよね。

僕は大学生なんですが、午前中の授業は眠くて仕方ないです。

さらに午前中に脳が活発に働くのでアイデアも浮かびやすいそうです。

アイデア出しや企画を考えるときは午前中の方がよさそうです.

keita
keita

僕は完全なる夜型なので朝すっきりと目覚めるのに憧れます。

このようにメリットも多い朝型ですが、デメリットもあります。

朝型のデメリット

  • 夕方には集中力が落ちる
  • 急な用事に対応しにくい
  • 人付き合いが悪くなる
  • 睡眠時間が遅くなると体調を崩しやすい

まず朝型の人は、午前中に集中力のピークを迎えるので夕方以降の集中力は落ちます。

適度に休憩をはさむなど、集中力を保てる方法をつくっておきましょう。

さらに、夜にはもう疲れてしまうので飲み会の参加なども断る機会が増えてしまい、「人付き合いが悪い」みたいなレッテルを張られてしまうこともあるようです。

接待や懇親会などの用事があらかじめわかっている場合には何かしらの対策を立てておいた方がよさそうです。

ですが、これらのデメリットは対策の余地もあるので取れるメリットの方が大きいかなと思っちゃいます。

keita
keita

朝の時間の使い方で人生が決まるというのも聞いたことがあるので、朝型の人の方が成功しやすいのかもしれませんね。

夜型の生活パターン

夜型の人の特徴

夜型の人の特徴

夜型の人も同じようにいくつかの特徴をあげてみます.

  • 集中力が持続しやすい
  • クリエイティブな芸術家や起業家が多い
  • 色々な環境に適応できる

このように朝型の人には見られない特徴もあるのが夜型の人の傾向になります.

朝型の人が短距離ランナー、夜型の人はマラソンランナーと言われたりもしているようです。

まあ、単純に言うと集中力のピークが来るタイミングが違うということですね。

続いて夜型の生活パターンのメリットとデメリットを見ていきましょう。

夜型のメリット

  • 集中力が持続しやすい
  • 人との交流からチャンスをつかみやすい
  • 柔軟に時間を使える
  • 時差ボケになりにくい

夜型の人のメリットとして集中力が持続しやすいという傾向があります。

夕方以降も脳が疲れにくく、いろいろとタスクをこなすことができます。

さらに、朝型の人とは違い接待や飲みの場でも疲れが出にくく積極的に参加できるので、そういう交流の場からチャンスが舞い込んでくることもあるでしょう。

そして生活リズムをきっちり固定していない人が多いため柔軟な時間の使い方ができます。

時間管理がだらしないという見方もできますが、自分のパフォーマンスの質を高められるタイミングを知っておけば、適応させることも可能です。

これはおまけ程度ですが、朝から社会が始まる世の中では夜型人間は常に時差ボケ状態のようなものなので、海外出張などのときにも変わらず力を発揮することができるというメリットもあります。

夜型のデメリット

  • 自律神経が乱れる
  • 太りやすい
  • 試験で実力を出しにくい

夜型の生活パターンのデメリットには割と致命的なものが多いです。

まず交感神経と副交感神経が規則的に働きにくくなり、自律神経が乱れやすく精神的にイライラしやすくなります。

夜間には基礎代謝が下がり消化活動も行われにくくなります

なので、夜ご飯が遅くなりがちなうえに夜食の誘惑もある夜型人間は、太りやすく肥満体型になりやすいと言われています。

学校や資格の試験なども午前中から行われることが多いですよね。

そんな時、朝が苦手で集中力が落ちやすい夜型人間は実力を発揮しにくいんです。

このように世の中が朝型で動いている社会では、夜型の人は少し生きづらさを感じるかもしれませんね。

keita
keita

たしかに試験の日に眠くて集中できない日もありました。

起きれない大学生に向けて過去に記事を書いたこともあるのでそちらも是非読んでみてください。

結局どっちのほうがいいのか

朝型と夜型の人の違いは分かったけど結局どっちがいいの?

たしかに、それぞれにメリットとデメリットがあることはわかりましたが、結局どっちの方が「いい」んでしょうか。

これは人や状況によって違います。

例えば健康的に生きたいという思いがある人ならば「朝型」。

いろんな人と交流して人脈を広げたいと思っているなら「夜型」。

みたいに、目的によって良いほうは変わってきます。

「朝型」のほうがいい人

  • 健康に生活したい
  • 午前中に大事な仕事がある業種
  • 集中して一気に仕事を片付けたい

というふうに朝型のメリットを発揮できるような状況の人は、「朝型」の生活パターンに変えてみましょう。

例えば、学生や午前に仕事が多い業種の人は朝のほうが集中しやすいので「早寝早起き」を意識して生活してみるとスッキリとした気持ちで臨めます。

「夜型」のほうがいい人

逆に夜型の生活パターンの方がいいのは

  • プライベートでたくさん人と交流したい
  • 急な用事が入りやすい
  • 長い時間集中力を要する仕事

といった、集中力を保ちながら柔軟な時間の使い方をしたい人です。

このような方はぜひ「夜型」の生活パターンに変えてみても面白いかもしれませんね。

あまり夜更かしするのも次の日に響くので、どうかと思いますが・・・(笑)

keita
keita

結局、自分に合った生活パターンを見つけることが大切ってことだな。

まとめ:人それぞれ違う

生活パターンの「朝型」「夜型」について理解は深まったでしょうか。

あなたは現在どっちで、どっちのほうが自分の状況的にいいのか考えてみてください。

違った生活パターンを試してみるのも、普段とは異なる世界を見ることができるので面白いかもしれません。

keita
keita

生活パターンを変えるのは結構しんどそうだけどね・・・

ということで、今回の記事のまとめになります。

記事のまとめ
  • 生活パターンの違い
    ・遺伝子である程度決まっている
  • 朝型と夜型の特徴
    ・朝型はスタートダッシュ
    ・夜型はマラソンランナー
  • どちらの方がいいのか
    ・自分に合った生活パターンを見つけるのが大切

みなさんも自分自身の体や状況に応じて生活パターンを変えていきましょう!

keita
keita

それでは。

コメント