情報弱者って何?知らないと大損しちゃう!?情弱は早めに脱出しよう!

ライフハック
スポンサーリンク
keita
keita

こんにちは、大学生ブロガーのkeitaです。

みなさん、情弱って言葉知ってますか?

情報弱者の略称です。

昨今インターネットが普及して以来情報は増え続けています。

そんなこの時代で情報には正直めちゃくちゃ価値があります

そしてその価値を正しく知らない人は確実に損をする世の中になってきてます。

今回はそんな情弱は危険だというお話です。

マジで危険なので、この記事を読んで考え方を変えてください。

この記事でわかる!
  • 情報弱者とは
  • 情報弱者の特徴
  • 情報弱者がなぜ危険なのか
  • 情報弱者の脱出法
スポンサーリンク

情報弱者とは

情報弱者とは

情報を扱ったり、情報を手に入れることが苦手な人

のことです。

この人たちは情報の価値を知らないがために、情報を手に入れることの大切さを知りません。

そもそも、情報弱者の方は「情報弱者」という言葉すら知らなかったりします。

情報に溢れたこの時代にこのスキルがないとマジで大損します。

それはなぜか。簡単です。

知っていると得なことが多すぎるからです。

例えばスーパーのチラシで鶏肉の割引がされていると知ります。
そしてその割引を受けられるのは、チラシについているクーポンを持っている人だけです。
この時そのチラシを持っている人のほうが持ってない人よりもお得に買い物できますよね。

このような事象がネットの中にマジでめちゃくちゃあります。

なので情報弱者の方!
今、かなり大損してる可能性が高いですよ

あてはまってない?情報弱者の特徴

ですが、自分が情報弱者かどうかなんてわかりませんよね。

すみませんが、「情報弱者」という言葉の意味を知らなかった方は情報弱者です。

知ってたけど、私は?
という方のために、情報弱者の特徴を書き出してみます。

IT機器の使い方がわからないことが多い

世の中スマホやパソコン、テレビなど様々なものがネットにつながるIT機器に溢れています。

このようなIT機器の使い方がいまだによくわかっていない人は、
基本的に情報の手に入れ方を知らないことが多いです。

確かに、IT機器はなかなかに複雑な操作でわかりずらい所もあります。

けれど情報を手に入れるための機器を扱えなかったら何もできませんね。

ニュースやネットに書かれていることを信じる

ニュースやネットの情報を1つ見ただけでそれを全部信じていませんか?

ニュースやネットなんかでは、そのことのついてよく知らない人が発信している可能性があるので、全部信じてしまうのは危険極まりない行為です。

ニュースでは都合のいいことしか報道しなかったり、
間違った知識を放送することも少なからずあります。

ネットは特に気を付たほうがいいです。
発信しているのは一般人です。
その人の顔も経歴も見えないためその人のことを信じてしまうのは危険です。

情報弱者の人はそもそも調べる行為があまり得意でないため、
手に入れられる情報の数も少なくそもそも最初に見た情報を信じてしまう傾向があります。

わからないことをすぐに調べようとしない

いらない言葉やわからないことについてそのままスルーしていませんか?

この調べる行為は非常に大切です。

多様化していく現代社会では、必ずわからないことが出てきます。

そのとき、すぐに調べてインプットするのか放置して知らないままなのか、
どっちがいいのかは明白ですよね。

効率を良くしようとしない

情報弱者の方はどうやったらもっと早くできるかなということを考えようとしません。

今の状況に満足しているため調べようとせず現状維持が続きます。

効率を求めていけば、時間もお金も節約できる可能性があるので
正直、かなり大損してます。

考えることが面倒くさい

そもそも考えることを放置しちゃっている人はいませんか?

人間は考えることで成長しています

それを放置しては、情報を新しく得ようという発想なんて出てくるわけないですよ。

情報を制した者が情報過多の今の時代を生き残る

さて、自分がどれくらい情報弱者か把握できましたかね。

「確かに、私はあなたの言う情報弱者かもしれません。
けれど、それの何がダメなんですか。現状特に困ってませんよ。」

という方、いると思います。

次は、そんなあなたに情報弱者を脱出するメリットについて説明していきますね。

出費が減る

お得にお金を使うことができます。

クーポンやネット限定の割引、ポイント付与など
これらの情報を知っているだけでマジでお得に買い物することができます。

また、お金の使い方を知っているだけで効率よく増やせたり、
自分のために自己投資することの大切さも学べます。

情報には価値があります。
お金の面での価値もとても大きいように感じます。

塵も積もれば山となる、です。

時短できる

今まで手作業でやっていたものがスマホで簡単に終わる。
こんなこともよくあります。

効率を考えることは大切です。
時間はお金以上に大切で平等な個人の資産なんです。

これをいかにうまく使うか、これによって人生は大きく変わってきます。

現在は便利なアプリやツールがたくさん出ていて、
それらも常に新しくなっていきます。

追いついていくのは至難の業ですが、少しずつでも自分をアップデートできれば
確実に生活の効率が上がりますよ。

頭が良くなる

情報を知るということはそれは知識として蓄えられるので頭もよくなっていきます。

そして、そういうスキルを身につけていけば、頭の使い方も変わってきます。

頭の良さとは、数学ができて賢いとかそういうことではなく、
いかにうまく生きられるか、僕はそう思っています。

上手く生きるためにも頭を柔らかくうまく使えるように鍛えましょう

仕事ができるようになる

これは、効率の面と被ってくるのですが、
情報を知っていれば仕事も早くなりますよね。

そして、
「あいつは仕事のできるやつだ」
こう見られると嬉しいですよね。

後は、営業トークなんかにも影響してきます。

トレンドのニュースなんかを話題に出すことで、
この人は物知りでボキャブラリーも豊富だな
と思ってもらえて、上手くいくかもしれません。

これからの時代に対応できるようになる

これからの時代は、さらに情報が多くなっていき多様化していきます。

ネットにはこれがお得、あれがお得といろんな企業も参入してきます。

そんな時に見極めらる目があって、本当に質のいいものを選べる。
そういったスキルは今後必ず必要になってきます。

情報を制した者こそが今後の時代を生き残ります

マジで早めに脱出しろ

ここまで読んでくれた方には、情報弱者がいかに危険かわかっていただけたかと思います。

けど、どうやって直せばいいの。

という方のために、改善法を提案していきます。

これらは、意識していくことで確実に情報弱者から抜け出せます。

わからないことはとりあえず調べる

わからないことにぶつかったらその場で調べましょう。

今はスマホで何でも簡単に調べられる最高の時代です。

後回しにせず、すぐに調べましょう

そして忘れないよう、メモも取るようにしましょう。

情報弱者の方はとにかくインプットが極端に少ないです。
意識して、様々な情報に触れていきましょう。

SNSなどを駆使してリアルな声を見てみる

ニュースやネットだけでは偏った意見しか目にすることができないかもしれません。

そこで、おすすめなのはTwitterなどのSNSです。

これを使えばリアルタイムでその事柄について生の声を見ることができます。

また、話題のトレンドなども取り上げられたりしているのでインプットには最適です。

自分から発信する

これをしていない人が非常に多いです。

先ほどのSNSを使ってでもいいので知ったことを自分から発信してみましょう

こうすることで、深く自分の中に落とし込めます。

さらに、自分のブログやサイトを作ってそこでアウトプットするとなおいいですね。

アウトプットは非常に手間がかかり能動的に行動しないと実行できません。

なので、きちんと意識して日常的にできるような状態にしましょう。

常にアンテナを張っておく

最後になりますが、常にインプットとアウトプットを意識することが大切です。

わからなければ調べ、わかったことを行動に移す。

この繰り返しで思考が鍛えられ、無事あなたは情報弱者から脱出となります。

おわりに

いかがだったでしょうか。

情報にはそれぞれ価値があります。
それを知ると自分の生活の価値も上がります。

何度も言いますが大切なのはインプットアウトプットを意識することです。

正直情弱はしんどいです。

他の人は簡単にできることでも自分は何倍も手間をかけなければならないので。

なので、変わりましょう。

行動すれば変われます。

ということで、今回は情弱からの脱出についてのお話でした。

よければ他の記事も読んでみてくださいね。

それでは。

コメント