【同期のサクラ】第8話ネタバレ感想、サクラがついに目覚めた!!

ドラマ
スポンサーリンク

生きていく意味ってなんなんだろう・・・。

keita
keita

こんにちは。

ドラマ大好き大学生ブロガーのkeitaです。

同期のサクラ」第8話が放送になりました。

前回のお話ではサクラの夢が叶わなくなってしまい、働く気力を無くしてしまいました。

今回はそんなサクラに今まで助けてもらった同期達が、サクラの元気を取り戻そうとするお話でしたね。

仲間思いな同期達に胸を打たれつつ、サクラの気持ちを考えると悲しい気持ちになるそんな回でした。

では詳しくあらすじと感想を書いていきます。

ネタバレも含みますのでまだ見ていない方は以下の見逃し配信からチェックしてください。

最新話以外も見れる(無料体験あります)
「同期のサクラ」第8話
スポンサーリンク

「同期のサクラ」第8話のあらすじ

日テレ水曜ドラマ「同期のサクラ」第8話。壊れたサクラ、もう前のようには戻れない。ヒジョーに哀しい60秒。

今回のあらすじはこちらです。

2019年12月―。

サクラ(高畑充希)の病室には百合(橋本愛)、葵(新田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の姿があった。
意識の回復も見込めず身寄りもないことから、病院からサクラの転院を決断してほしいと頼まれる同期の4人。
そこに、サクラのアパートの隣人・草真(草川拓弥)と小梅(大野いと)が訪れ、こんなことになったのは自分たちのせいだ、と頭を下げる……。

2016年11月。

自らの決断で夢だった故郷の橋の建設を諦めたサクラは、祖父・柊作(津嘉山正種)を亡くしたショックも重なり、重度の喪失感に襲われたまま社会人8年目を迎えていた。
もう一つの夢である“同期の仲間と沢山の人を幸せにする建物を作ること”を心の支えになんとか仕事を続けるサクラだったが、その日、重い体を引きずって家を出たサクラの足は、会社にたどり着く前に自宅に戻ってしまう……。

そして2018年1月。

百合たちは「体調がすぐれない」という理由で1年以上も会社を休職し、誰にも会わずに部屋に引きこもるサクラを心配していた。
これ以上休職期間が伸びると会社にもいられなくなるため、なんとかサクラを元気付けようと知恵を絞る4人。
葵はこちらから悩み相談を持ちかければ、サクラの性格上出てきてくれるのではないかと考える。

翌日。
百合は悩みを聞いてほしいとサクラの部屋を訪ねる。
髪が伸び変わり果てた姿でドアを開けたサクラは、荒れ果てた部屋に百合を上げる。
「外に出る気になれない」と話すサクラに、百合は菊夫がどうしても連れて行きたい場所があるのだと話す。

菊夫がサクラを連れてきたのは二人の思い出の場所。
そこへ行けばきっとサクラの元気が出ると思う菊夫だったが、壊れてしまったサクラの心を前にすると、なす術もなく……。
蓮太郎はサクラの好きだった実家のラーメンで元気づけようとするも失敗。
さらに自分の設計図について意見を求めると、サクラは突然「何も浮かばない」と堰を切ったように泣き出してしまう。
駆けつけたすみれ(相武紗季)がサクラを抱きしめるも、その涙は止むことがなく……。
誰もサクラを救い出せない中、葵はサクラを街に連れ出し、元気づけようとするも、あえなく撃沈。
さらに百合は、サクラのあまりに自暴自棄な態度から口論になってしまい……。

心を病んだサクラを助けることができず、途方にくれる同期たち。
サクラは、そんな4人の気持ちに感謝しながらも「頑張れと励まされるのが辛い」と話し、自分のことを見捨ててほしいと頼む。
今まで自分たちを救ってくれたサクラの豹変ぶりを前に、4人はそれぞれ強い喪失感に襲われて……。

数日後。
サクラの元に書留が届く。
それは会社から、このままでは解雇になる、という通知。
そして黒川(椎名桔平)からのメモが入っていた……。

「同期のサクラ」公式サイト

Twitterでの感想

Twitterでの感想をいくつか引用させてもらいます。

Twitterでもサクラを見ていて辛くなったという感想もありましたが、そんなサクラを元気づけようとする同期達の思いに感動したという声も多く見られました。

keita
keita

サクラのポキッと折れた心はなかなか元に戻りません・・・。

「同期のサクラ」第8話からの学びと感想

同期達からのメッセージ

毎回恒例になっていたじいちゃんからのファックスは無くなってしまいましたが、今回は同期達からファックスのような演出でメッセージが送られてきましたね。

心を病んだサクラにとっては立ち直るきっかけにもなりました。

俺たちはいつまでも待ってる

おまえとまた一緒に働ける日を

だからどんなに辛くても諦めない

サクラのいない世界なんかに生きていたくないから

じゃあまた明日

サクラは同期達の中ではこれほどまでに大きな存在になっていたんですね。

最後の「じゃあまた明日」もサクラがこれまで同期達に言っていたセリフですよね。
きっと明日からもずっと待ち続けているという彼らの思いなんでしょうね。

さらにこれはサクラの部屋のドア下から差し込まれてくるんですが、その演出がじいちゃんからのファックスに重ねられていて感動してしまいました。

他の人の中でこんなにも大きな存在になれるサクラは、やはり魅力的で素敵な人間ですね。

気持ちが落ち込んだときは・・・

今回はあんなに強気で自分の気持ちを曲げなかったサクラが、一部始終まるで心を無くしたように落ち込んでしまっていました。

誰とも会いたがらず部屋に引きこもってしまい、しまいにはAIが搭載されている音声操作できるデバイスを買って生きる意味を聞くみたいな、なんとも心が痛む状況になりました。

感情もコントロールできずに完全に心が壊れてしまったようです

人間誰しもサクラとまではいかずとも落ち込む時期っていうのはありますよね。

そうなったとき立ち直るために必要なのは時間です。

焦らずにじっくり考えていくのが大切ですよね。

サクラの同期達も頑張って元気づけようとしていましたが、あまり急かさずにゆっくり待ってあげてもよかった気はします。

keita
keita

最後にはいつまでも待ってるとサクラにメッセージを送っていました。

次回からの展開は・・・?

今回でサクラの同期達の環境が結構変わってきましたね

菊夫は会社を辞めてボランティア団体に加入し、蓮太郎はすみれさんと結婚しました。

驚いたのは百合が葵との子供を出産していました。
3話ぐらいで抱いていた子供は葵との子供だったんですね。

でも結婚はしないと、葵がサクラのことをまだ思っていると見透かされてフラれてしまいました。

そして最後でバイクに轢かれて入院していたサクラの目が覚めましたね。

関係が少し変わった同期達と今後どういう展開があるのでしょうか。

keita
keita

サクラには立ち直ってまた夢を追いかけてほしいですよね。

「同期のサクラ」次回のあらすじ

日テレ水曜ドラマ「同期のサクラ」第9話。最終回目前、目覚めたばかりのサクラのド正直っぷりが健在すぎてヒジョーにマズい!?60秒!

「同期のサクラ」次回のあらすじになります。

2019年12月―。

サクラ(高畑充希)が9ヶ月間の長い眠りからついに、目覚めた。

翌日。
知らせを受け病室に駆けつけた同期の四人は、意識の戻ったサクラとの再会に喜ぶ。
そんな中、サクラは退職を引き延ばそうとしてくれた黒川(椎名桔平)の力も及ばず、自分が花村建設から解雇されたことを知る。
かける言葉を見つけられない4人だが、「信じ合える仲間と沢山の人を幸せにする建物を造る夢を叶えるために頑張る」と話すサクラ。
その前向きな姿に、4人は以前のサクラが復活したことを感じていた……。

数週間後。
百合(橋本愛)に付き添われ退院したサクラは、同期たちが折半して契約を延長してくれていた自分の部屋へ。
サクラは、百合が自分の経験を生かした託児所を作るために花村建設を辞めて起業しようか悩んでいると相談を受ける。

一方、リハビリの様子を見に来た葵(新田真剣佑)と話したサクラは、副社長になった黒川の元で葵がバリバリ働いていることを知る。
いまだにサクラに思いを寄せつつも百合との関係にけじめをつけたいと悩む葵にサクラはなんの助言もできず……。

職を探すサクラは蓮太郎(岡山天音)と共にかつて同期でよく集まった喫茶店の後にできたネットカフェへ。
仙台でボランティア活動をしている菊夫(竜星涼)とネット電話で通話したサクラは、菊夫がNPOの代表になってほしいと頼まれて悩んでいることを知る。
助けになりたいサクラだが、菊夫はバタバタと忙しそうな様子で電話は切れてしまう。
蓮太郎は重責に悩む菊夫の気持ちがわかると話し……。

営業への異動を言い渡されたという蓮太郎は、設計を続けるために転職をしようか悩んでいた。
妻のすみれ(相武紗季)に相談した方がいいと話すサクラだが、蓮太郎はすみれに心配させたくないので秘密にして欲しいと頼む。

自分が眠っている間にそれぞれの人生に向き合い一歩先を行く同期たちをまぶしく感じるサクラ。
その夜、履歴書を書いていたサクラのもとにすみれが様子を見にやってくる。
蓮太郎の秘密をバラすまいと焦るサクラをお見通しのすみれは、嘘がつけないサクラの就活がうまくいくか心配するが……。

そして、再び建設会社で働くためサクラの就活の日々が始まる。
しかしすみれの心配通り、花村建設を解雇された経緯を正直に話すサクラは軒並み面接で落とされてしまう。
貯金も底をつき、コンビニでアルバイトをしながら就活を続けるサクラだが、同期の悩みを聞こうと、鍋パーティに誘う。

当日、一人準備をするサクラの元に、同期から次々と欠席の連絡が。
そして、自分たちで問題を解決していく同期に無力感を覚え、ふるさとの島に帰ることを決意する・・・。

「同期のサクラ」公式サイト

最終回目前の次回はサクラが東京に合わないと感じて島に帰る決意をするとのことです。

そんなサクラに対する同期達の反応が気になりますね。

keita
keita

素直すぎるサクラは東京では生きにくいんですかね

まとめ

今回はとにかくサクラが立ち直る兆しを見せてホッとしましたね。

次回目覚めたサクラと同期達の再会に感動しそうですね。

一部始終悲しい気持ちになる今回でしたが、次回も目覚めたサクラが就活に悪戦苦闘するみたいです。

サクラが残りの夢を叶られる日は来るんでしょうか。

次回も要チェックです

keita
keita

サクラが目覚めてよかったです。

見逃してしまった方は以下から見てみてください。

huluではスピンオフも配信されてますのでチェックですよ。

最新話以外も見れる(無料体験あります)
keita
keita

それでは。

次回のあらすじと感想はこちら
前回のあらすじと感想はこちら

コメント