「同期のサクラ」第4話感想。ネガティブ思考から抜け出せ!

ドラマ
スポンサーリンク
keita
keita

こんにちは。

ドラマ大好き大学生ブロガーのkeitaです。

同期のサクラ」第4話が放送されました。

今回のテーマは「自分の長所」についてでしたね。

第4話ということで入社4年目、サクラの同期である蓮太郎の悩み始めます。

自分の成長が感じられず、部署内でも浮いてしまっている蓮太郎に共感できる部分もありました。

多分あの5人の中で僕に一番似ているのが蓮太郎なので・・・。

それでも蓮太郎のために行動するサクラたちに心打たれました。

同期のサクラ
スポンサーリンク

第4話あらすじ

今回のあらすじです。

2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

2012年9月―。
前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。
土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。
再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。

ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵(新田真剣佑)、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫(竜星涼)、1年前の一件以来友達としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合(橋本愛)……と、同期の元を回っていくサクラ。
そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。
社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる……。

その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。
翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。
しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。
その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは、同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのを二人で立ち聞いてしまう。
自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取る!
慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たって……!
手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、その場から逃げ出してしまう。

その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ……。
設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。
同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた……。

「同期のサクラ」公式サイト
日テレ水曜ドラマ「同期のサクラ」第4話。サクラもお手上げ?!「ぶっ殺してやるんだよ」蓮太郎がヒジョーにマズい60秒

Twitterの評判

Twitterでの感想をいくつか引用させてもらいます。

辛い時こそ自分の長所を見失うな

今回もじいちゃんの名言がしみましたねぇ~。

辛い時こそ自分の長所を見失うな

人生生きていれば必ず辛いタイミングってきますよね。

そんな時こそ自分のいい所を見つめなおしましょう。

そして、その長所を思いっきり発揮してやればいいんです。

でもそのためには、自分の長所を知っておく必要があります。

こちらのサイトは就活で使ったりするんですが、自分の長所を簡単に診断してくれます。

自己PRに使える長所・短所診断! 就活に役立つアドバイスつき

自分の長所を客観的に知っておくといいですね。

是非やってみてください。

ネガティブ思考は人をダメにする

今回の蓮太郎はいつもに増してめちゃくちゃネガティブでしたね。

  • 自分には才能がない
  • 周りになじめない
  • どうせ自分の気持ちはわかってもらえない
  • 励ましてくれてるのに疑ってしまう
  • 仲間なんかいらない

こういう考え方は自分の可能性をみずからせばめてしまいます。

ネガティブな思考は過去の失敗経験から生まれます。

蓮太郎も2浪して大学に入って、2年連続で建築士の試験にも落ちて周りからもいじめられて、もう自分のことなんか信じられなくなってしまいます。

なんかこの気持ちもわかる気がします。

僕も蓮太郎と似ている節はあって、ふと自分のことが嫌いになったりする時期なんかもありました。

でも、やっぱりこのような考え方は捨てるべきです。

実際、言霊ってあると思います。

ポジティブに生きることで人生が少し豊かになりそうです。

周りは変わらない、自分が変わるしかない

お話の後半では蓮太郎も自分から変わろうとしていましたね。

自ら謝り、自分を見つめなおし、これからの自分を宣言していました。

サクラに認めてもらえるような建物をデザインするという夢ができました。

心から笑ってもらえるよう頑張りますと。

そのためなら、

  • どんなに失敗しても絶対にあきらめない
  • 何年かかっても1級建築士になってみせる
  • どんなに辛くても2度と人のせいにしない
  • どんなに馬鹿にされても逃げない

そして、サクラに「ありがとう」と素直にお礼が言えました。

keita
keita

もう涙腺崩壊です。

蓮太郎がこれからネガティブな自分に悩むことはもう無さそうですね。

夢を持つことで自分の人生に色がついたような感じがします。

周りの環境が自分の思い通りに動くことは決してありません。

自分が勇気を持って変わることで、周りも変化していくんですね。

次回のあらすじ

次回、第5話のあらすじです。

2019年、夏―。目を覚まさないサクラ(高畑充希)の病室に訪れた葵(新田真剣佑)は、「たいへんよく出来ました」と書かれたシールが貼られた手帳を手に、入社5年目の出来事を思い出していた……。

2013年9月。

美咲島に架ける橋の着工が無期延期になったまま人事部で入社5年目を迎えたサクラは、夢を諦めずに相変わらずの日々を過ごしていた。
そんな中、人事部では黒川(椎名桔平)が社員の社内表彰に関する仕事をいつものようにすみれ(相武紗季)に丸投げ。
社内告知の手配を頼まれたサクラは、葵が社長賞を受賞したことを知る。

しかし広報部の百合(橋本愛)によると、受賞者は立候補した人の中から選ばれるため、自己アピールとパフォーマンスばかりしている葵のような人が選ばれるのだと冷めた様子。

社長室で表彰され、いつものように調子の良いスピーチをする葵だが、社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われると複雑な表情を見せる。サクラは、葵の父が国土交通省の高級官僚だと知る……。

その頃、都市開発部では目玉プロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と戻ってきた葵は青天の霹靂に慌てるが、お前にできることは国交省の父親に頼むことだ、と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱いていた。

その夜、葵の社長賞を祝おうというサクラの呼びかけで、百合、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)はいつもの喫茶店に集まっていた。
自分の抱える問題を打ち明けることもできず、いつもの調子のいいキャラクターを演じる葵だが、同期たちが悩みながらも充実した日々を過ごしている様子を目の当たりにすると、つい見下すような発言をしてしまう。
怒った百合たちは帰ってしまい……。

残されたサクラは同期を傷つける葵の発言に突然号泣し酔いつぶれる!
仕方なくサクラを家まで送り、重い足取りで高級住宅街に佇む実家へ向かう葵。
プロジェクトの凍結について切り出そうとするが、父・康秀は同じエリート官僚の兄・光一とばかり話し、葵の話には耳も貸さず……。

翌日。父に相手にされなかったことを同僚に言い出せない葵は、別の案を提案しようとするが、実力のないコネ入社のくせにリーダーぶる姿を一刀両断され深く傷つく。

その夜、サクラの前で激しく酒を飲んだ葵は、家では劣等感と疎外感を感じ、会社では親の七光りだと陰でバカにされている自分のことを笑いながら話すと酔いつぶれてしまい……。
葵を家まで送り、その立派な建築に感動したサクラは、葵の父と兄に会うと、突然嘆願書と、書き込みのされたパンフレットを渡す!

サクラの行動に背中を押され、話を聞いてほしいと父親に土下座する葵だが、冷たくあしらわれてしまう。
葵にかける言葉を探すサクラだが、葵から突然「俺と付き合わない?」と迫られて……!

「同期のサクラ」公式サイト
日テレ水曜ドラマ「同期のサクラ」第5話。葵のメッキが剥がれる!サクラと葵がヒジョーに近い60秒

まさかの葵とサクラの恋愛ですか???

今度は今まで順風満帆に見えていた葵君がピンチのようです。

サクラがどんな破天荒な行動で救うのか注目ですね。

まとめ:辛い時代だからこそポジティブに生き抜く

働く人にとって必ず伸び悩んだり、躓いたりする時期が来ます。

そんな時こそ、自分の長所を見つめなおしてポジティブに生きましょう

ドラマの中でもアンパンマンたいそうを歌っていましたね。

もし自信をなくしてくじけそうになったら

いいことだけいいことだけ思い出せ

「アンパンマンたいそう」より

よく聞くと今回のお話にぴったりでしたね。

サクラのような自分を認めてくれて、力ずくでネガティブから引っ張り出してくれるような同期が欲しいですね。

自分もそうなれるように努力していきたいです。

ということで「同期のサクラ」第4話の感想でした。

見逃し配信もチェックしてみてください。

最新話以外も見れる(無料体験あります)

次回も楽しみに1週間待ちましょう。

keita
keita

それでは。

次回のあらすじと感想はこちら
前回のあらすじと感想はこちら

コメント