【同期のサクラ】最終回ネタバレ感想、「働く仲間」をテーマにした良ドラマ

ドラマ
スポンサーリンク

いい仲間を持ってるだけで勝ち組ですね

keita
keita

こんにちは。

ドラマ大好き大学生ブロガーのkeitaです。

ついに「同期のサクラ」最終回が放送されましたね。

毎週視聴を楽しみにしていたドラマの1つが終わってしまいました。

最終回である今話も仲間や夢を持つことの大切さを訴えかけられました。
黒川さんも全然いい人で終わってホッとしましたね。

では、「同期のサクラ」最終回のあらすじと感想について詳しく書いていきます!

keita
keita

10年間を1年ずつ追っていくドラマって斬新でした。

ネタバレを含みますので見逃した方は以下の見逃し配信からどうぞ!

1週間限定配信
最新話以外も見れる(無料体験あります)
「同期のサクラ」最終回
スポンサーリンク

「同期のサクラ」最終回のあらすじ

今回のあらすじはこちらです。

2020年4月―。

満開の桜の下にサクラ(高畑充希)の同期四人が集まっていた。
花村建設の新入社員として出会ってから11年。
今はバラバラの道を歩む同期たちは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……。

その1ヶ月前。

建設会社の面接に落ち続けていたサクラは、花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平)から「俺の下で働かないか?」と誘われ古巣への復帰を果たしていた。
問題ばかり起こしていた自分が再雇用されたことを疑問に感じていたサクラに、会社の未来に危機感を抱いていた黒川は、新しい発想と熱い情熱を持って上に逆らってもチャレンジする人材が必要なのだと話し、新規プロジェクトのリーダーにサクラを任命する。
やりがいを感じて目を輝かせるサクラ。
黒川は今までのサクラの失敗の原因は頑固で融通が効かないことではなく、「力がないからだ」と教える……。

新しく着工する橋の重役会議に黒川と共に出席したサクラは、橋のデザインと安全面に関する忖度なしの意見を述べて早速重役たちの不信感を買う。
しかし、副社長の黒川がサクラの意見に同調した途端、風向きが変わり……。
“力”を持っていれば今まで無下にされて来た正しい意見がきちんと通せることを目の当たりにするサクラ。
さらに黒川が組織の問題点を指摘し、自分が自分らしくあるためには力を持つしかない、と冷静さと情熱を持つ黒川に次第に感化されていく………。

同じプロジェクトチームに参加する葵(新田真剣佑)はそんなサクラをどこか不安そうに見守っていた。
葵は飄々とした黒川のつかみ所のなさを信頼しきれないでいた……一方、新規事業と育児に追い詰められている百合(橋本愛)の話に耳を貸さず仕事に戻ってしまったり、NPO団体の代表となり悩みを抱える菊夫(竜星涼)からネット電話を受けても、皆忙しいという理由で聞き流してしまう。
さらに、就活中の蓮太郎(岡山天音)からの悩み相談よりも黒川からの着信を優先するサクラ……これまで、忖度しない言動の度に、組織との軋轢を生んでいたサクラは、初めて仕事で高揚感を感じる。
そんなサクラに、同期たちは、「あなたは、変わった。仲間なんてもう必要ないの?」と苦言を呈されるが、反論できない。

サクラは、会社での「力」のために、仲間を捨てるのか?
第三の答えを見つけ出すのか?
夢を追い続けたサクラと同期たち仲間の10年間が激動のラストを迎える。

「同期のサクラ」公式サイト

Twitterでの感想

サクラや黒川さんに関してはイイ意見は多かったですが、やはり中盤から見え隠れしていた同期達の身勝手さが目立ったみたいな意見も多くありました。

心配してくれるいい同期達なんですが悪い部分が目立ちすぎましたかね。

keita
keita

まあ、考え方によっては人間らしいともいえるのかな?(笑)

「同期のサクラ」最終回からの学びと感想

夢を叶えるためには「権力」か「仲間」か

今話はこんな感じのテーマだったんじゃないでしょうか。

まだ学生の僕の一番の感想としては「両方って無理なの?」なんですけど、それってそんなに難しいんでしょうか。

働くうえでやりたいことをやるためには「権力」は必要な気はしますよね。

ただ一緒に協力してくれる「仲間」も必要。

そういう意味ではサクラも黒川さんも正論しか言ってませんよね。
価値観の違いというか、こういう見方もあるよって感じで。

ていうか今回なんか黒川さんが黒幕みたいな感じで話が進んでましたが、何も間違ったことをしてませんよね。
それを冷酷だとか非情に見せて、仲間の大切さや温かさを強調させているだけに感じました。

黒川さんも幼い娘さんを亡くしてサクラを重ねてしまっただけでめっちゃいい人でしたよね。
最後の振り返ってサクラを見送る表情は印象深くていいシーンでした。

keita
keita

さすがの椎名桔平さんの演技力です!!

いい仲間を持てるだけで勝ち組に!

「同期のサクラ」は同期達との10年間を通して「一緒に働く仲間の存在」を深く考えさせられるドラマでしたね。

仲間を持つことでいいこともあるけど、少し面倒な部分もある。

人間関係ってそんなもんのような気もします。

ドラマの前半では仲間たちと切磋琢磨しながら働くうえで悩みを解決しながら心からの仲間になれました。
後半ではそんな仲間に依存してなんでも相談して解決してもらおうとする、厄介な面も見えてきました。

最終話でもサクラを思ってる自分たちに酔ってるようにも見えました。
特に百合のセリフがサクラを見下しているものもあったりで、ほんとに心配してるの?って感じました。
もう少し言い回しを変えてもよかったかもしれないですね。

けど同じ志を持つ仲間を持つ素晴らしさはこのドラマから感じ取ることができました。

学生の僕も社会に出たらお互い信頼しあえる仲間を持ちたいなと思えました。

keita
keita

個人的なMVPは完全にスミレさんです。(笑)
いい先輩すぎる。

後半は失速気味だったかな

これは最終回だけではなくドラマ全体の感想なんですけど、前半は感動や共感も多くイイ感じで進んでましたが、後半は少し失速気味でしたね。

Twitterを見ていてもやはり同期達の言動が原因ですかね。

僕の好きな話はスミレさんのエピソードじいちゃんが亡くなる回でした。
この2話は号泣しちゃいました。
(その時の感想は以下から見てみてください)

特にじいちゃんの回はめっちゃ感動しました!

最近あまり泣けるドラマは見てなかったのでその分まで泣きました(笑)

keita
keita

「働く仲間」をテーマにしたいいドラマでした。

まとめ

さて、続いてきた「同期のサクラ」のレビューもこれにて完結となります。

ブログで全話のレビューを書いたのは初めてだったので、なかなか見苦しいところもあったかもしれんせんが結構読んでいただけてとてもうれしく思っています。

前回までのあらすじと僕の感想などは以下のリンクから見れるので見てみてください!

サクラと仲間たちの10年間を描いたこのドラマでは、仲間を持つことの大切さや組織で働くことの怖さも教えてくれました。

「同期のサクラ」を社会人になる前に見ることができてよかったなと思います。

なかなかサクラみたいに忖度せず物申せるようにはなれませんが、仲間想いで信念を持った人になれるようこれからも精進していきたいです!

以上「同期のサクラ」のレビューでした。

読んでいただきありがとうございました。

keita
keita

今後も気になるドラマや映画のレビューを続けていこうともいますのでたまにチェックしてみてください。

今回見逃してしまった方は以下から見逃し配信をチェックしてみてください。

1週間限定配信
最新話以外も見れる(無料体験あります)

1話から各話ごとにダイジェストがYouTubeで公開されています。

keita
keita

それでは。

前回のあらすじと感想はこちら

コメント