完結済の漫画「バクマン。」という名作を知ってほしい!

漫画
出典ーアニメ「バクマン。」公式サイトー
スポンサーリンク
keita
keita

こんにちは、大学生ブロガーのkeitaです。

みなさん!マンガ読んでますか?

今回は僕の大好きな漫画「BAKUMAN(バクマン。)」について語っていきます。

現在大学生の僕ですが初めて手にしたのは中学生ぐらいでしたかね。

ジャンプ漫画の中では異質な漫画を題材にした漫画となります。

ということで、いってみよー

出典ーアニメ「バクマン。」公式サイト
スポンサーリンク

あらすじ

はじめに簡単なあらすじです。

中学3年生の真城最高(サイコー)は高い画力がありながらも
将来に夢を持たず、ただ流されて普通に生きていくだけの退屈な日々を送っていた。

サイコーの叔父はかつて週刊少年ジャンプに連載し、
その作品がアニメ化もされた漫画家・川口たろうで、
連載打ち切り後の過労によって亡くなった過去があった。


ある日サイコーは些細な出来事を切っ掛けに、
秀才のクラスメイトで作家志望の高木秋人(シュージン)に
「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。

初めはその誘いを断っていたが、
声優を目指している片思いのクラスメイト・亜豆美保と

「アニメ化したら結婚する、それまで互いに直接会わない」

と約束した事から漫画家への道を志す事になる。


サイコーは祖父から叔父が使用していた仕事場を譲り受け、
シュージンと共にそこに籠って処女作の執筆に専念する。

そんな中で手塚賞に準入選した新妻エイジが同年代である事を知りライバル視する。
やがて二人三脚で苦労しながらも完成した初作品をジャンプ編集部に持ち込んだ二人は
敏腕編集者・服部哲と出会い、漫画家としての資質を認められる。


そしてジャンプの主流ではない“邪道”の作風という方向性を見出し、
「亜城木夢叶」のペンネームで活動する事になった二人の漫画が
『赤マルジャンプ』へ掲載された。

その後も自分達の方向性に迷いながらも、
エイジとの邂逅・コンビ解散の危機を経て、ジャンプでの連載を勝ち取った二人は、
様々な苦境に見舞われながらもジャンプ連載作家としての道のりを歩んでいく。

こんな風に漫画家の世界をリアルに描いた漫画となっています。

しかし、漫画家の世界だけではなく、
いろんな世界で学ぶべきことが多く出てきます。

夢を追いかけることの「大変さ」

主人公のサイコーは流れで結婚の約束をしてしまったため、
それを叶えるため、かつての夢であった「漫画家になること」を思い出し走り出します。

この夢を追いかけるというのは、現代では難しいです。

それはなぜかというと、夢を追いかけるだけでは生活ができないからです。

結局お金がいるんです。

夢をお金に変えるのには果てしない努力が必要です。
そして、夢を忘れてつまらない人生を送ってしまう。

漫画の冒頭では主人公はこんないわゆる「普通の人」でした。

夢を追いかける上で必ず「」が立ちはだかります。
それは「家族」なのか「環境」なのか
はたまた「お金」なのかそれはそれぞれでしょうが、

この漫画ではこの「壁」にぶつかった時の乗り越え方を教えてくれるんです。

「仲間」や「ライバル」、「努力」など
人の力というものの大切さを改めて実感させられる漫画です。

出典ー漫画「バクマン。」1話よりー

夢を追いかけることの「楽しさ」

夢を追いかけることは大変です。

ですが、
目標を達成した時のなんとも言えない嬉しさ、
結果が出た時の心の震え、
そういうものがこの漫画では凄く痛快に表現されています。

本当に嬉しいんだなとか、
頑張ってきたからこその涙なんだなとか、
実際に味わう人は少ないんじゃないかなというレベルの感動です。

それは、夢を追いかけるからこその実感であり楽しさです。

この漫画を通して、人の人生における「」がどういうものなのか知った気がします。

おわりに

僕はブログを始めてから、いつかはこの漫画を絶対に紹介したいと決めていました。

それはやはり「夢」は人生の原動力だということをこの漫画から教わったからです。

そのことをいろんな人に知ってほしいからです。

みなさんは「夢」はありますか

人生一度きりなんです。

やらなきゃ損。

ということで、今回は僕が知ってほしい名作「バクマン。」の魅力についてでした!

あなたも是非、読んでみては?

出典ー漫画「バクマン。」一巻表紙ー

コメント